協会の組織と事業内容

川崎市幼稚園協会の組織
組織図
おもな事業の内容
研修事業
幼児の心や体の発達の理解を深め、感性や指導力を高めるために、加盟園が協力して様々な研修・研究活動を行っています。
特別支援教育に関わる研修事業
特別に支援の必要な子も、そうでない子も共に育ちあう、統合保育を永年にわたり研究し、全市的な実践に努力しています。
子育て支援事業
幼稚園の保護者や一般市民、未就園児の保護者等を対象とした「子育てセミナー」や川崎市幼稚園父母の会連合会の活動への協力など、様々な子育て支援策を行っています。
幼児教育相談事業
幼稚園の保護者を対象として、幼児教育相談室を設置し、心理職専門の相談員による様々な子育て相談に応じています。
幼児教育の啓発事業
当ホームページや会報紙(川幼会報)、幼稚園案内などを通して、事業の目的や案内、及び情報公開を行っています。
協会加盟園に対する支援助成事業
各加盟園がよりよい教育環境を整え、質の高い教育が実践できるように各種補助金を交付しています。